個人再生のデメリットを把握しておこう【デメリットを回避する方法】

住宅を守り債務整理

天秤

経済的再生ができる

債務整理の手続きにはいくつか方法がありますが、一番多く利用されているのが任意整理です。裁判所を介さないので債権者との交渉で比較的手軽に短期間で解決できます。しかし、デメリットとして過払い金が発生していなければ減額をすることができないのです。金利はカットしてもらえますが、それで3年または5年で完済が困難であれば他の債務整理を検討することとなります。自己破産を選択すると、裁判所から認可されれば債務が全額免除されます。しかし、住宅や車など高価な財産を手放さなければならないデメリットがあります。住宅を維持したまま債務整理をするには、個人再生があります。個人再生で債務整理をすると、自己破産の住宅等の財産を処分するデメリットを回避し、住宅を維持しながら経済的な再生を図ることができます。個人再生には、住宅ローン特則といって住宅ローンは減額されずこれまでの通りに返済を継続ができる制度です。住宅ローンが減額されないならデメリットでしかないと思われますが、その代わり住宅を失わずに済む制度です。自己破産を選択してしまうと、現在住んでいる住宅ローンが残っている住宅を手放したくないから、住宅ローン以外のローンのみ債務整理したいということができないのです。その点が、自己破産と個人再生の大きな違いです。住宅を失うか失わないで、世間的なイメージもだいぶ異なります。住宅を維持しながら、返済を継続できることは精神的な面でも意義があります。

Copyright© 2018 個人再生のデメリットを把握しておこう【デメリットを回避する方法】 All Rights Reserved.